近江渡来人倶楽部よりウクライナ支援のため寄付を行いました

ロシアによる軍事侵攻によって滋賀県内に避難してこられたウクライナ人の支援に役立ててもらう為、近江渡来人倶楽部代表であり当歴史館館長である河炳俊(ハビョンジュン)より県と県国際協会設立した「しがウクライナ避難民応援支援金」口座に100万円を寄付いたしました。

一日も早い戦争の終結と復興の下、ウクライナの皆様に平穏な日が訪れることを願い、これからも当館でできる限りの支援を行ってまいります。




>> 詳細は京都新聞(4/4)掲載記事へ <<


閲覧数:14回0件のコメント