1.jpg

​渡来人(とらいじん)とは

縄文時代の終わり、約2500年前頃より日本に渡ってきたとされる。
その後、弥生時代に近づくと朝鮮半島からの移住が増え、さらに古墳時代には技術者集団として多くの人々が渡来した。

彼らは水田稲作をはじめ、土器製作、土木、養蚕、機織り、漢字、仏教、医学などの新しい文化や技術を持って、古代日本における文化・政権形成に大きな役割を担ったと考えられている。